Kinoshitaのit's showtime Blog

嫉妬すら追いつかない 憧れすら届かない

「好きな事をするために仕事をする」考えもありじゃないか?

はい、どうもです。


今回は、「好きなことをするために仕事をしても良いのではないか?」という内容です。

「好きな事を仕事にするためにはどうすれば良いですか?」

就職活動や転職活動でもよくあるのが、
「好きな事を仕事にすることが出来るか?」
という質問ですよね。
 
正直どうでも良いとは思うのですが、
私なりの考え方を以下に書いていきたいと思います。


 

(1) 「好きな事を仕事にしたい」という考え方

最近「好きな事で生きていく」といった考えも
あり、このような質問を考えてしまうのだろうなと思います。
多いですよね。こういった言葉。

 
各種SNSなどで意識高い系の人たちも、

「好きな事を仕事にしないと幸せになれないよ」
「好きな事を仕事にしないと人生が充実しないよ」

とさえ言っていますよね。
 

また就活生がこのような考えを持ってしまう理由としては、
就職活動を通じて、
「自分のしたいこと」
「やりたいこと」
を聞かれた時に、選択肢が少ないと感じてしまう
ためだろうなと思います。
 

ただもし本当にそう思っている、本当に自分が好きな事を仕事にしたいのであれば、実際に自分が好きな事を並べてみたら良いのでは?と思います。

そして、それを仕事にすることが出来るかどうかを考えたらよいのではと思います。
 


ラーメンだのゲームだの旅行だのYouTubeだの
考えてみて、それを仕事に出来るか考えてみたら
良いのです。

ここまで考えないか、考えてもそこまで実行に
移せる人がほとんどいないと思います。
 

自分自身が本当にしたい仕事なんていうのは、
就職活動や転職活動をしている間には、分からない場合が多いのです。
なんなら実際に社会人として働いている間も
分からない場合が多いかもしれません。
 

なので極力業界研究を一生懸命したり、会社の説明会などに多く参加して、
自分自身がする仕事について出来るだけ調べていく必要があるのではないか?
と思います。


 

(2) 「好きな事の為に仕事をする」という考えでも良いのではないか?

ここが今回の内容の中で割と大事な考え方になってきます。

上の(1)で出てきた「好きな事を仕事にする」という考え方ですが、
確かに好きな事を仕事にした方が良さそうな感じはしますよね。
 
でも現状として就職活動、転職活動中にそれを探すことはほぼ困難だと思います。

なので、あえて

「好きな事を仕事に」

するのではなく、

「好きな事の為に仕事をする」

という選択肢を取っても良いのではないかなぁ
と思っています。


僕自身もそうですが、結果を出すために仕事をしてその対価としてお金を頂いています。しかし本当にしたい仕事を今やっているかというとよく分かっていません。

 

仕事自体に対して魅力を持っていなくても、
「仕事はお金のためだよ」
と割り切って働くのも良いと思います。
「給料が良い=いい仕事」とポジティブな認識を持つことが出来るのなら良いですよね。
 
 
「ゲームが好きなんです。」っていう人は、
別にゲーム会社に就職しなくても、
定時で必ず帰る事が出来る会社に就職して、
プライベートでゲームに熱中して楽しめばよいのです。
仕事終わりに楽しいことが待っていると考えるなら、
多少給料が低くても、上司が嫌な人間であっても、あまり気にならないですよね。
プロのゲーマーになって、それを本業にする必要は無いのです。
 
 
好きなアイドルの為に一生懸命働いて、
遠征費やグッズ費用を稼いでそれに費やす
というのも良いと思うんですよね。 
 
 
「好きな事を仕事に」という期待は一旦置いといて、
自分が楽しんでいることを邪魔されない環境や待遇があるかどうかに焦点を当てていくと良いのではないかな?と思います。


ちなみに、これは余談なのですが、企業での採用って
その企業の「コンテンツのファンは採用しない」考え方があると思います。
そこから考えても「好きなことを仕事に」、というよりは、
「自分がどうなのか、仕事以外で好きなことが出来ているか」を考えていけるのが
大事かなとは思います。


 

(3) 「好きな事を仕事に」と限定する必要は無い

「好きな事を仕事にしたかどうか?」
は、必ずしも「幸せや人生の充実」には
つながってこないよ、という事です。
 
確かに、「嫌いな事をするよりも好きな事をした方が人は頑張れるし、楽しい」
という考えもあると思いますし、そういった意見もあるというのは受け入れる必要があるのも分かります。
 
ただ、「仕事において何を優先するか?」を
就活生は考える必要があるよね?という話です。


 

(4)  最後に

就職活動・転職活動を私自身経験してきましたが、
結局は「働いてみないと分からない」という事です。

ぐちゃぐちゃ考えるより、とりあえず行動しないと分からないです。
行動することで結果をなんぼでも変えることが出来ます。 
 
「良い人がたくさんいたから」を理由にして就職した人が、
人間関係で仕事を辞めるなんてことはざらにあるし、
「給料が良いから」を理由にした人は、
労働時間が長すぎることが多いです。
 
なので、働いてみないと分からないのです。
 
なので、「好きな事を仕事に」を考えるのも
大事ですが、まずは
「好きな事の為に、仕事を」考えてみるのも
良いと思います。
 

以上です。