Kinoshitaのit's showtime Blog

嫉妬すら追いつかない 憧れすら届かない

受験に出るかもしれない世界史-「古代ローマ」編

はい、どうもです。

ここでは、定期テストや受験で良く出題される正誤問題などで
間違えやすい用語などをまとめております。

今回は、受験に出るかもしれない世界史の「古代ローマ」編です。
それでは見ていきましょう。



(1) ローマ世界の身分とその名称
①貴族:パトリキ
②平民:プレブス
③執政官:コンスル
任期1年、定員2人の官職
独裁官ディクタトル
任期半年、定員1人の臨時職



(2) 古代ローマ参政権要求と古代アテネの民主政の比較
ローマ
護民官の設置
平民会(トリブス)の設置
十二表法の制定
慣習法を成文化
リキニウス・セクスティウス法の制定
執政官(コンスル)の1人を平民より選出
大土地所有を制限
ホルテンシウス法の制定
平民会の決議が国法となる

古代アテネ
ドラコン
アテネ最古の成文法公布
ソロン
財産政治実施 負債の帳消し 債務奴隷の禁止 
ペイシストラトス
僭主政治実施
クレイステネス
陶片追放(オストラキスモス)を創始



(3) 大土地所有経営の変化
ラティフンディア
奴隷制農業に立脚した大土地経営
コロナートゥス
小作人(コロヌス)を働かせる小作制



(4) ○○派の△△
平民派(ポプラレス)マリウス
閥族派(オプティマテス)スラ




(5) 三頭政治の比較
①第1回三頭政治
ポンペイウスカエサルクラッスス
②第2回三頭政治
オクタウィアヌスアントニウスレピドゥス




(6) 五賢帝の順番
ネルウァ
トラヤヌス
初の属州出身の皇帝でローマ最大版図を実現
ハドリアヌス
ブリタニアに長城を築く
アントニウス=ピウス
マルクス=アウレリウス=アントニヌス
「哲人皇帝」と呼ばれ、『自省録』を著した。



(7) ローマ風都市建設まとめ
ロンディニウム(現ロンドン)
ルテティア(現パリ)
ウィンドボナ(現ウィーン)




(8) テオドシウス帝による帝国東西分裂後の比較
西ローマ帝国
首都:ローマ→ミラノ→ラヴェンナ
ゲルマン人傭兵隊長オドアケルによって滅ぼされる(476)
東ローマ帝国(ビザンツ帝国)
首都:コンスタンティノープル
オスマン帝国のメフメト2世が滅ぼす(1453)




(9) キリスト教関連まとめ
①ミラノ勅令(313)
コンスタンティヌス帝が公認
ニケーア公会議(325)
正統:アタナシウス派
           →三位一体説(父なる神、子なるキリスト、精霊)
異端:アリウス派(キリストの神性を否定)
           →ゲルマン人に布教
キリスト教(アタナシウス派)を国教化
テオドシウス帝が決定
エフェソス公会議(431)
異端:ネストリウス派(イエスの神性と人性を分離)
           →ササン朝→中国(唐)へ渡って景教となる
カルケドン公会議(451)
異端:単性論(イエスは完全に神)
           →北アフリカ