Kinoshitaのit's showtime Blog

嫉妬すら追いつかない 憧れすら届かない

自分が立てた夢や目標をバカにするその人は、正直言って「正しい」

はい、どうもです。

現実でもネットでもどこでもそうなのですが、
夢や目標を語ったり、書いたりした時に、
「いやいや、そんなん出来るわけないやん」
「そんなん無理やって」
「現実を見ろよ」
と言ったり、バカにしたりする人がいると思います。

このように人の夢をバカにする人の事を「ドリームキラー」
なんて呼んだりするようですが、
これってはっきり言って「正しい」んですよね。
(倫理的なことは置いておいて)




(1) 夢や目標をバカにする人は正直に言って「正しい」

なぜ正しいかというと、
「今の現状では、あなたはその目標や夢を達成することは出来ていないから」です。

出来ていないから、目標を立てるわけです。
出来ていないから、夢を語るわけです。
出来ていないから、今から努力をするわけです。

もし本当に今現段階で出来ているのであれば、そんな目標を立てたり、
夢を見る必要はありませんよね?

だから実際「今は」出来ていないわけです。

今出来ていない状況に対して、
「そんなん無理やって」
「現実見ろよ」
っていう言葉は今のあなたの状況においては正しいのです。

 



(2) だからこそその夢や目標を達成してくださいと言う話

ここからが大事なことです。


「そんなん無理やって」
「現実見ろよ」
っていう言葉を聞いた瞬間に、自分が決めた目標や見た夢を
諦めるのですか?という話です。

ドリームキラーのいう事をいちいち気にしていたらキリがないのです。
その人たちにはバカにされたり、言わせておけばよいのです。

今現段階では目標や夢とずれていても、自分自身が世の目標や夢を
かなえられるように努力をしてそのような人間になればよいのです。


「ドリームキラーのせいで自分が掲げた目標や夢が出来なくなりました」
というなら、その目標や夢は
「所詮その程度」だったという事です。


で大体の人はこうやって言います。
「出る杭は打たれるからね」と。

 

残念ながら、このような人たちは「出る杭」ではありません。
いや、「出る杭」にもなっていません。あまりにも自己評価が甘すぎます。
ただの「自分が諦めたことを周りの人のせいにして、自分が出来なかった
言い訳を作っているだけ」の人間です。

しかも周りを言い訳にしてしまうと、なぜ自分自身がその夢や目標を達成できなかったのかの原因追及が出来なくなります。

そもそも「出る杭は打たれる」のを決めるのは自分自身ではなく
その結果を見た周りの人の評価です。

 


(3) 最後に

言われたとおりにまずは現実を見て、そして最大限の努力を投下して
自分の夢や目標を達成していきましょう。


以上です。