Kinoshitaのit's showtime Blog

嫉妬すら追いつかない 憧れすら届かない

ジャネーの法則-「今年も1年経つの早かったな」となるのはなぜ?

はい、どうもです。

 

10月に入りましたね。今年も残すところあと3ヵ月となりました。

 

大学生、また社会人になってから思うのですが、毎年毎年

「1年過ぎるのめちゃくちゃ早くね?」

と言っているような気がします。

 

 

「年を取ったら1年が早く感じる」とよく言われているので、
恐らく、来年も同じようなことを言っているのではと思います。

色々調べていたのですが、この「年を取ったら1年が早く過ぎる」理由が
ある程度法則として成立しているようです。


 

 

(1)時間が早く過ぎるのはなぜか?-ジャネーの法則

子どもの時の1年間はかなり長く感じたのに、大学生、また社会人となれば
1年なんかすぐに過ぎ去ってしまいます。
1年の長さも子どもの頃に比べれば短く感じ、
あっという間に年を取ってしまうように感じます。

これは大人になると体感時間が早くなるということです。
時間を感じるのが早くなる理由として有名なのが「ジャネーの法則」です。

ジャネーの法則というのは「人生のある時期における時間の心理的な長さは
年齢の逆数に比例する」という法則です。
イメージしやすいように説明しようと思います。

 

 

例えば5歳の子どもにとって1年の長さは5分の1に相当しますが、
50歳の人間にとって1年の長さは人生の50分の1に相当する、という事です。

つまり

生きてきた年数によって1年の相対的な長さがどんどん小さくなることで、
時間が過ぎるのが早く感じるということです。


もう一つ例を出すと、1年は365日なので1歳の1年を365日とすると、
50歳の1年は体感的にはその1/50となります。
1歳の365日の50分の1は約7日です。

つまり

50歳に感じる1年の長さが、1歳で感じる7日分しか相当しないということになります。


1歳の時に感じた1年が、わずか7日という時間の感覚で、
50歳では1年が過ぎると感じてしまうのです。
時間が経つのが早くなると感じるでしょう。


さらにジャネーの法則によると、体感的には20歳で人は人生の半分を終えているようです。

つまり

20歳から80歳くらいまでの長い年月は、0歳から20歳までの体感時間と
同じということになります。

なので、「大学生・社会人になってからやたら時間が過ぎるのが早くなったな」
と思うのも納得できると思います。

ある程度法則で成立しているようですが、
「そりゃ、1年が過ぎるのは早いわな」と思う理由の根拠となりそうです。

 

 

 

 

(2)同じことを繰り返すことが多くなるから

大人になると同じことを繰り返す頻度も多くなります。
仕事に行っては帰っての繰り返しが続きます。

毎日新しいものに触れることができる人は少ないと思います。

大人になると、同じことを繰り返す頻度も多くなり、それによってさらに時間の経過が早くなるのでしょう。いわゆるマンネリ化です・・。


 

 

(3)新鮮味がなくなるから

(2)の同じことを繰り返すことと似たような感じになりますが、生活に新鮮さが無くなってきていることも挙げられます。

子どもの頃はまだ知らないことが多く、毎日のように新しい経験や発見が有ります。

しかし、大人になってしまえば知り尽くしてしまうものが多く、
そのような新しいものに出会えるチャンスは少なくなります。

人は未経験のものをやっているときは、それが強く意識に残り時間が長く感じるもので、慣れてしまえばそれによって時間の長さも気にならなくなり、早く感じるようになります。

結果的に、子どもの頃は新しいことが多いので時間が長く感じるようになり、
大人になれば新しいものに接する機会が少なくなり、時間があっという間に過ぎるということです。



 

(4)まとめ

時間はあっという間に過ぎますが、それに抗って生きていきましょう、
と締めておきます。残り3ヶ月、やり残したことを1つずつ潰していきましょう。