Kinoshitaのit's showtime Blog

嫉妬すら追いつかない 憧れすら届かない

10月(10/1~10/31)の練習メニューまとめ

はい、どうもです。

11月に入りましたね。
10月に行った練習をまとめました。





 

 

練習メニューまとめ

(1) 10/1(金)~10/3(日)まで
10/1(金) 23:00~ 家周辺
・jog 7.8km(39'40)

10/2(土) OFF

10/3(日) 22:30~ 家周辺(時計逆回り)~伊川谷
・jog 13.5km(64'14)

 

 

 

(2) 10/4(月)~10/10(日まで
10/4(月)  OFF

10/5(火)  23:00~ 家周辺~伊川谷駅往復
・jog 10.8km(55'02)

10/6(水)  19:00~ みなとの森公園
・jog 2.2km(11'39)

・体操+ドリル+流し
・3000mPR 11'49
R::5分
・200m×8(r:250mJog)
31"80-34"36-32"38-30"22
29"94-30"05-27"62-29"14

10/7(木) OFF

10/8(金) OFF

10/9(土) OFF

10/10(日)    兵庫秋季記録会 800m 2'09"18
・体操
・アップ 2km+体操+ドリル+流し200m×2

 

 

 

(3) 10/11(月)~10/17(日)まで
10/11(月) 22:30~ 明石海峡大橋まで往復
・9.5km 51'14

10/12(火) 22:30~    明石海峡大橋まで往復
・9.5km 52'19

10/13(水) 19:30~ みなとの森公園
・アップ 0.8km
・体操
・大崎さんのドリル一杯
・200m×2(動作確認のためタイムは無し)

10/14(木)  23:00~  明石海峡大橋まで往復
・jog 12.1km(60'56)

10/15(金)  OFF

10/16(土)  OFF

10/17(日)    22:30~  家周辺(時計逆回り)~伊川谷駅まで往復
・13.5km(64'51)

 

 

 

(4) 10/18(月)~10/24(日)まで
10/18(月)  23:00~  明石海峡大橋まで往復
・jog 10.4km(50'21)

10/19(火) 22:30~ 明石海峡大橋まで往復
・jog 9.5km(50'40)

10/20(水)  19:00~ みなとの森公園
・jog(0.8km)+体操+ドリル
・800m×4(R:3分)
3'00-2'53-2'52-2'57
R:3分
・200m×3(R:3分)
29"17-28"02-26"87

10/21(木) 23:00~  明石海峡大橋まで往復
・10.4km(51'11)

10/22(金)  OFF

10/23(土) 22:30~  伊川谷駅~家周辺~明石海峡大橋往復
・jog 21.0km(1'48"12)

10/24(日) OFF

 

 

 

(5) 10/25(月)~10/31(日)  
10/25(月)  23:00~ 明石海峡大橋まで往復
・jog 9.5km(50'02)

10/26(火) 21:00~  明石海峡大橋まで往復
・jog 9.5km(46"56)

10/27(水) 19:30~ みなとの森公園
・体操+体幹いっぱい

10/28(木)  OFF

10/29(金)  OFF

10/30(土)  OFF

10/31(日)  OFF

 

 

 

 

 

10月の走行距離

(1) 10/1(金)~10/3(日)        21.3km
(2) 10/4(月)~10/10(日)      20.8km
(3) 10/11(月)~10/17(日)    45.8km
(4) 10/18(月)~10/24(日)    55.9km
(5) 10/25(月)~10/31(日)    19.0km

合計:162.8km

 

 

 

 

感想

(1)10月もそこそこ長い距離を走ることが出来たかなと思います。
1回だけ21km走りましたが、割と走れたので週に1回くらいは入れていこうかな
と思います。
気候自体はだんだん涼しくなってきた(寒くなってきた)ので、走りやすくなったが、
寒さに妥協しないように練習します(フラグ)

(2)最終週はランニング中に着地をミスって足をひねってしまったので、
走行距離が少なくなってしまいました。
普段夜に走っているので、こういった不慮の怪我には気を付けていきます。

(3)10月は兵庫秋季記録会(800m)に出場することが出来ました。
レース動画です↓


www.youtube.com

 

レース回顧記事です↓

k-showtime.com

 

来年はもう少しタイムを出すことが出来るように引き続き11月も練習を積んでまいります。基本的には距離を踏んでいく、これだけで大丈夫だと思います。



以上です。

 

Beer Mile-ビールと陸上競技が好きなランナーに

はい、どうもです。

 

 

仕事終わりのビールは最高ですよね?
また陸上競技もやっていて楽しいですよね?

 

そんな2つを掛け合わせた競技があります。

それが「Beer Mile」です。

色々と調べていたのですが、日本語での詳しい解説が載っている
サイトがなかったので、英文を引用して、自分で訳をつけて、
その感想を書いていこうと思います。







(1) 「Beer Mile」って何?
まずはこの動画を見てもらえればイメージがつくのではないかなと思います。


www.youtube.com


これは、カナダのCorey Bellemoreという選手が、世界記録の4'33"6を出した時の動画です。(青色のユニフォームの人です)

速すぎやしませんかね。。こんなストイックなんですか?

 

と思っていたら、割と楽しそうに苦しんでいる動画もありました(笑)


www.youtube.com
これは中距離選手なら名前は聞いたことがあるかもしれませんが、Nick SymmondsのYoutube で出ている動画です。
(途中嘔吐シーンが出てくるので、食事中に見る場合はお気をつけて。)

 

 

「Beer Mile」とはこんな感じのようです。

A beer mile is a 1-mile (1,609 m) drinking race combining running and speed drinking.Typically, the race takes place on a standard 400-metre or 1/4-mile running track.*1

訳)「beer Mile」はランニングと早飲みを組み合わせた1マイル(1609m)の飲酒レースです。このレースは400mのトラックで行われます。

その名の通りですね。私たちが普段使う競技場で行うことが出来るようです。

 

 

 

 

(2)「Beer Mile」ってどんな感じで行われるの?

Each competitor drinks four cans or bottles of beer and runs four laps around a standard 400m running track (start with chugging a beer, then run a lap, then beer, then lap, then beer, then lap, then beer, then lap - finish).*2

訳) 各競技者は4つの缶かボトルのビールを飲んで、トラックを4周走ります。
(ビールを一気飲みすることから始めて、1周走って、ビール、走る、ビール、走る、ビール、走ってゴールします。)

驚いたのはスタートしてから1周走るのではなく、スタートした瞬間に「プシュ」っとビールを開けるみたいですね。
1周目で酔いそうです。
飲酒→1周走る→飲酒→1周走る→飲酒→1周走る→飲酒→1周走る
という流れでレースが進みます。

 

Beer must be consumed before the lap begins within the transition area. The transition area is the 9-meter zone between the waterfall starting line for a mile race and the finish line of a 400m track.*3

訳)ビールは、1周走る前にトランジションエリア内で消費されなければいけない。
トランジションエリアとはマイルレースのスタートラインと、400mトラックのフィニッシュラインの間の9mのゾーンです。

 

Competitors must drink canned or bottled beer that is no less than 355mL (12 Oz) in volume, which is the standard can/bottle size in the USA and some other countries.*4

訳) 競技者は、355ml(12オンス)の缶かボトルのビールを飲まなければいけない。
そしてそれはアメリカやその他の国で、基本的な缶やボトルの大きさです。

飲むビールの容量は、日本だと350mlの缶ですかね。1缶で満足なのですが。。。

 

The only action allowed is opening the can with the tab at the top or twisting off the bottle cap of a bottle.*5

訳) 許される唯一の行動は、タブを開ける事か、ボトルのキャップを外すことです。

つまり、缶かボトルで飲まなければいけないという事です。ジョッキやコップに移して飲むのは禁止です。

 

Beer must be a minimum of 5% alcohol by volume. Hard ciders, hard sodas, and other alcoholic sugary drinks will not suffice. The beer must be a fermented alcoholic beverage brewed from malted cereal grains and flavored with hops.*6

訳) ビールは最低5%のアルコールでなければいけません。リンゴ酒やその他のアルコールの入った甘いお酒では十分ではありません。ビールは、麦芽の入った穀物から醸造されて、ホップで風味付けされたアルコール飲料でなければいけません。

飲むビールのアルコール度数も決まっているようですが、5%だと標準くらいかなと思います。またレモンサワーはダメなようです。

 

Competitors who vomit before they finish the race must complete one penalty lap at the end of the race (immediately after the completion of their 4th lap). Vomiting more than once during the race still only requires one penalty lap at the end.*7

訳) レースを終了する前に嘔吐した競技者は、レース終了後(4周目の終了直後に)1周のペナルティーを終了しなければいけません。
レース中に2回以上嘔吐しても、最後に1周のペナルティーを必要とします。

絶対に嘔吐するやん。。。と思っていたのですが、嘔吐した場合は、
さらにもう1周走らないといけないようです。
何回嘔吐してもペナルティーは1周だけというのはありがたいかもしれません。

 



 

(3) 最後に
当たり前なのですが、Beermile.comにこういう文章も掲載されています。

Beermile.com is not encouraging irresponsible or dangerous behavior. Don't try a beer mile if it's not legal where you are, if you're underage, or if you're not fit for it. If you hurt yourself or others or property, this site is not responsible. It's just a website. Don't be an idiot.*8

訳) Beermile.comは無責任で危険な行動を勧めていません。もし、あなたがいるところが合法ではない場合や、あなたが未成年である場合や、あなたがそれに適していない場合は、Beer Mileを試してはいけません。
もし、あなたがあなた自身や他の人を傷つけても、このサイトは責任を負いません。

当然ですよね。

日本ではお酒は20歳になってからです。また飲むとして、他人に嫌な思いをさせるほど泥酔するのはもってのほかですね。適度に楽しんでいきましょう。


(4) 参考ページ
①Wilipedia Beer mile - Wikipedia
②Beermile.com Beermile.com - The Official Beer Mile Resource

*1:Wikipediaより引用

*2:Beermile.comより引用

*3:Beermile.comより引用

*4:Beermile.comより引用

*5:Beermile.comより引用

*6:Beermile.comより引用

*7:Beermile.comより引用

*8:Beermile.comより引用

受験に出るかもしれない世界史-「北宋~元」編

はい、どうもです。


ここでは、定期テストや受験で良く出題される正誤問題などで
間違えやすい用語などをまとめております。

今回は、受験に出るかもしれない世界史の「北宋~元」編です。
それでは見ていきましょう。


 

・官吏任用制度のまとめ 
(1)前漢郷挙里選
(2)魏:九品中正
(3)隋:科挙
(4)唐と宋:引き続き科挙が採用・整備される
①唐:郷試(地方の予備試験)・貢挙(中央の礼部の試験)・吏部の採用試験
②宋:州試(地方)・省試(中央の礼部)・殿試(皇帝自らが試験監督となる)



王安石の新法
①青苗法
②均輸法
③市易法
④募役法
⑤保甲法
⑥保馬法
⑦方田均税法


・金への対策
秦檜らの和平
岳飛らの主戦

 

 

モンゴル帝国と地方的政権まとめ
(1)チャガタイ=ハン国
チャガタイ=ハンが中央アジアに建国
②首都:アルマリク
(2)キプチャク=ハン国
①バトゥが南ロシアに建国
②首都:サライ
(3)イル=ハン国
①フラグがイラン・イラク地方に建国
②首都:タブリーズ
(4)オゴタイ=ハン国
①オゴタイが現在のジュンガリアに建国
②首都:エミール


 

・元の厳格な身分規定:モンゴル人第一主義
①モンゴル人:中央政府の首脳部を独占
色目人中央アジア西アジア出身の諸民族
     →財務官僚として重用される
漢人:金の支配下にあった人々
    (華北漢人の他に、契丹人・女真人なども含む)
④南人:南宋支配下にあった人々


・代表的な港市
杭州:キンザイ
泉州:ザイトン
③広州:カンフー
(マルコ=ポーロによって名付けられる)




・モンゴルに来たヨーロッパ人
(1)プラノ=カルピニ(フランチェスコ派修道士)
ローマ教皇(インノケンティウス4世)の命で、
 カラコルムを訪問(グユク=ハンの時代)
(2)ルブルック(フランチェスコ派修道士)
①フランス王ルイ9世の命で訪れる 
 (モンケ=ハンの時代)
(3)モンテ=コルヴィノ(フランチェスコ派修道士)
教皇の命令で派遣され、大都の大司教に任ぜられ、
 中国で初めてカトリックが布教される
(4)マリニョーニ(フランチェスコ派修道士)
①大都に到着
(5)マルコ=ポーロ(ヴェネツィア商人)
①大都に来て元に仕え、『世界の記述(東方見聞録)』
(6)イブン=バットゥータ(モロッコ出身の旅行家)
①『旅行記(三大陸周遊記)』を残す
(7)ラッバン=サウマー
ネストリウス派キリスト教の司祭
②イル=ハン国からヨーロッパへ行き教皇ニコラウス4世に謁見

 

以上です。

受験に出るかもしれない世界史‐「契丹・西夏・金」編

はい、どうもです。


ここでは、定期テストや受験で良く出題される正誤問題などで
間違えやすい用語などをまとめております。

今回は、受験に出るかもしれない世界史の「契丹西夏・金」編です。
それでは見ていきましょう。






契丹(キタイ)(遼) (916~1125)
(1)民族:モンゴル系契丹
(2)建国者:耶律阿保機
(3)首都:上京臨潢府
(4)中国(北宋)との和議:澶淵の盟(1004)
北宋が遼に毎年絹20万匹、銀10万両を送る
北宋が兄、遼が弟の関係とする
(5)契丹文字の作成
漢字をもとに作られた大字と、ウイグル文字の影響で作った小字からなる
(6)二重統治体制の実施
狩猟・遊牧民には部族制を取り北面官が統治
農耕民には州県制を取り南面官が統治
(7)北宋と金によって滅ぼされる(1125)
    →遼の皇族耶律大石は中央アジアに逃れて西遼を建てた

 

 

 

西夏(大夏)(1038~1227)
(1)民族:チベットタングート人
(2)建国者:李元昊
(3)首都:興慶府
'4)中国(北宋)との和議:慶暦の和約(1044)
北宋に臣下の礼を取る事と引き換えに歳賜として絹・銀・茶を獲得
(5)西夏文字の作成
漢字の要素を組み合わせた文字





・金 (1115~1234)
(1)民族:ツングース女真族
(2)建国者:完顔阿骨打
(3)首都:上京会寧府
(4)中国(南宋)との和議:紹興の和約
①臣下の礼と歳賜を受けた
(5)女真文字の作成
契丹文字漢字をもとに大字が作られる
(6)二重統治体制の実施
行政・軍事組織である猛安・謀克
華北では州県制を実施




以上です。

兵庫秋季記録会(800m)に出場しました(レース回顧)


www.youtube.com




はい、どうもです。



少し遅くなりましたが、10月10日(日)に神戸のユニバー記念競技場
行われました兵庫秋季記録会(800m)出場してきました。


800mは約5ヵ月ぶりの出場となりました。
(前回のレースはこちらから↓)

k-showtime.com

 




この800mのレース回顧を行っていこうと思います。
先に結果だけ書いておくと



800m結果→2'09"18


でした。結果としてはシーズンベストになりましたが、
まだまだ物足りない結果ではありました。
以下色々と書いていきます。





(1) いろいろと回顧
①展開
展開としてレース前に最初に決めていたことは
「400mを60秒で通過すること」
「550mか600m地点から全力で上げる」
この2つでした。

「400mを60秒で通過する事」
前半から飛ばして帳尻を合わせて60秒通過というよりは
最初から飛ばさずにイーブンで60秒でいく事を目標に
レース展開を組み立てていこうと考えていました。

これは前回の6月の神戸市記録会の800mのレースの反省も
踏まえての計画でした。


ですが、レース後動画を見た結果としては、
予想以上にスタートが良かったのと、ブレイクしてから
スピードに乗っていたので、そこであえて抑える必要は無かったかなぁ
と思います。
(ダッシュ良く飛び出したのに抑える、ん?競馬スレで良く怒られてるやつ)

結果的だけで考えると、スピード抑えた結果、余計に力が
かかってしまって力んでしまったかなというのが感想です。


ですが、これは今現時点での自分自身の実力と自信の無さから
来るものです。
恐らく大学生の時なら、そのまま200m通過27~28くらいで通過して
いたと思います。


「550mか600m地点から全力で上げる」
結局これは出来ませんでした。前半力んだ結果というのもあると
思いますが、550m地点で上げようとした時に
フッと力が抜けてしまってそのままズルズルと下がってしまいました。

スピード練習でもたまに感じるのですが着地をしたときに
力が全く伝わっていない感覚、フッと力が抜けて
全然踏めていない感覚が出てしまいました。

踏めてないから余計に力を掛けようとして
結果的に力をめちゃくちゃ使ってしまうという。。。

というレースでした。

結果だけ見るとシーズンベストでしたが、
悔しさは残るレースだったかなと思います。





②取り組んできた事

k-showtime.com

これは前回、6月5日の神戸市記録会の800mのレース回顧記事です。


この記事では2'08切りを掲げていますが、
今回も切れてないやん。。。っていうツッコミはアリです(笑)

(ちなみになのですが、この記事の中で、「夏明けまでには3~5キロは体重を減らしたい
ところです」と書いていたのですが、これは達成しています(笑)
正直めちゃくちゃ嬉しかったです。)

 

k-showtime.com

直近の練習メニュー(9月)です。
jogも距離を増やすことが出来ていたのですが、余裕度としては
まだまだだったのかなと思います。
まずは丁寧に10kmまで走れるように、冬期練習では行っていきます。



③今後の練習
大きく変えるところはありませんが、jogにおいては距離を踏んでいこうかな
と思います。
また涼しくなってくると思うので、そのタイミングで少しずつ増やしていきます。

この冬期でいかに距離が踏めるかが、来年春以降のレースでベストを更新する
カギになると思うので、着実にレベルアップできるようにします。


「ケツ割れ」する練習メニューはどうしよう。。冬期でもスピード練習をしない事は
ないので、ぜひ誘ってください。
(むしろ冬にスピードに磨きをかけておくのもあり)

来シーズンは800m2分を切れるように、練習を積んでいきます。
(さっさとbreaking2して楽になりたい)



(2) 最後に
ランシャツはチームのユニフォーム(アシックス)、ランパンはナイキ、
スパイクはブルックス、腰ベルトはクリオとメーカーの統一性が
全くなかったレースでした。しゃーない。

実は今週の日曜日に明石のきしろスタジアムで明石市記録会(400m)に出場します。
これが今シーズンラストレースになるかなと思います。


以上です。

受験に出るかもしれない世界史-「ヨーロッパ世界の形成と発展」編

はい、どうもです。

ここでは、定期テストや受験で良く出題される正誤問題などで
間違えやすい用語などをまとめております。

今回は、受験に出るかもしれない世界史の「ヨーロッパ世界の形成と発展」編です。
それでは見ていきましょう。






ゲルマン人の最終建国地
①西ゴート:イベリア半島
②東ゴート:南イタリア
③ブルグンド:ガリア東南
④ヴァンダル:北アフリカ
ランゴバルド北イタリア
⑥フランク:ガリア北部
⑦アングロ=サクソン:大ブリテン



フランク王国
メロヴィング朝クローヴィスが王国を形成
カロリング朝ピピンが王位に就く



キリスト教の五本山
①ローマ教会
コンスタンティノープル教会
③アンティオキア教会
イェルサレム教会
アレクサンドリア教会



・紛らわしい名前まとめ
ビザンツ皇帝レオン3世聖像禁止令(726)
ローマ教皇レオ3世カール大帝に戴冠(800)



フランク王国の分裂
(1)ヴェルダン条約(843)
①中部フランク(ロタール1世)
②東フランス(ルードヴィヒ2世)
③西フランク(シャルル2世)
(2)メルセン条約(870)
中部フランクを北イタリアと東西フランクに分割




・ヨーロッパと中国の封建制の違い
①ヨーロッパ:主君と家臣は個別の契約によって成立
②古代中国:血縁世襲によって成立




・経済的負担まとめ
賦役領主直営地で労働する義務
②貢納:生産物を納める義務
③十分の一税:教会に支払う



ビザンツ帝国の軍管区制(テマ制)とプロノイア制
(1)軍管区制(テマ制):ヘラクレイオス1世
ビザンツ帝国中期に始まる軍事行政制度で、徐々に細分化され民事行政権も掌握して一元的な行政を行うようになった
(2)プロノイア制:アレクシオス1世
11世紀にビザンツ帝国に始まる土地制度で、貴族に対し軍役奉仕の代償として管理権と税収入を与えた



・商業の復活
(1)地中海商業圏
ヴェネツィアジェノヴァ・ピサなどイタリアの港市
 →東方貿易(レヴァント貿易)で香辛料・絹織物・宝石などの
  奢侈品がもたらされる
②ミラノ・フィレンツェなどの内陸都市
 →毛織物業や金融業で栄える
(2)北ヨーロッパ商業圏
リューベックハンブルクブレーメンなどの北ドイツ諸都市
 →海産物・木材・穀物など生活必需品を取引
②ガン(ヘント)・ブリュージュなどのフランドル地方
 →毛織物生産で繁栄
③ロンドン
 →フランドル地方に毛織物の原料の羊毛を輸出



自治権の獲得
(1)北イタリア諸都市
領主である司教権力を倒して自治都市(コムーネ)として完全独立
(2)ドイツの諸都市
皇帝から特許状を得て自治権を獲得し、皇帝直属の自由都市(帝国都市)として
諸侯と同じ地位
 


・都市同盟
(1)北ドイツ諸都市のハンザ同盟 
①盟主:リューベック
②在外商館:ロンドン・ブリュージュノヴゴロド・ベルゲン
(2)北イタリアのロンバルディア同盟
①盟主:ミラノ



・大規模な農民一揆
(1)ジャックリーの乱:フランス
(2)ワット=タイラーの乱:イギリス
①思想的指導者のジョン=ボール
 「アダムが耕しイヴが紡いだとき、だれが貴族であったか」



・教会の革新運動
(1)イギリスのウィクリフ
①オックスフォード大学神学教授 
②聖書の英語
(2)ベーメンフス
プラハ大学神学教授 
②聖書のチェコ語




・各国の身分制議会
①イギリス:上院(高位聖職者と大貴族を代表)と下院(州と都市を代表)
②フランス:三部会(聖職者・貴族・平民の代表者が出席)
③スペイン:コルテス
④ドイツ(神聖ローマ帝国):帝国議会・領邦議会




・「金印勅書」の七選帝侯
①ファルツ伯
ザクセン
ブランデンブルク
ボヘミア(ベーメン)王
マインツ
⑥ケルン
⑦トリール




・教会と修道院
(1)ベネディクト修道会
①ベネティクトゥスがイタリアのモンテ=カシノに開く
②厳しい戒律:清貧・純潔・服従
③モットー:「祈り、働け
(2)シトー修道会
①シトーが開き、ベルナルドゥスが改革
(3)托鉢修道会
フランチェスコ修道会:フランチェスコが始める
ドミニコ修道会:ドミニコが始める

ジャネーの法則-「今年も1年経つの早かったな」となるのはなぜ?

はい、どうもです。

 

10月に入りましたね。今年も残すところあと3ヵ月となりました。

 

大学生、また社会人になってから思うのですが、毎年毎年

「1年過ぎるのめちゃくちゃ早くね?」

と言っているような気がします。

 

 

「年を取ったら1年が早く感じる」とよく言われているので、
恐らく、来年も同じようなことを言っているのではと思います。

色々調べていたのですが、この「年を取ったら1年が早く過ぎる」理由が
ある程度法則として成立しているようです。


 

 

(1)時間が早く過ぎるのはなぜか?-ジャネーの法則

子どもの時の1年間はかなり長く感じたのに、大学生、また社会人となれば
1年なんかすぐに過ぎ去ってしまいます。
1年の長さも子どもの頃に比べれば短く感じ、
あっという間に年を取ってしまうように感じます。

これは大人になると体感時間が早くなるということです。
時間を感じるのが早くなる理由として有名なのが「ジャネーの法則」です。

ジャネーの法則というのは「人生のある時期における時間の心理的な長さは
年齢の逆数に比例する」という法則です。
イメージしやすいように説明しようと思います。

 

 

例えば5歳の子どもにとって1年の長さは5分の1に相当しますが、
50歳の人間にとって1年の長さは人生の50分の1に相当する、という事です。

つまり

生きてきた年数によって1年の相対的な長さがどんどん小さくなることで、
時間が過ぎるのが早く感じるということです。


もう一つ例を出すと、1年は365日なので1歳の1年を365日とすると、
50歳の1年は体感的にはその1/50となります。
1歳の365日の50分の1は約7日です。

つまり

50歳に感じる1年の長さが、1歳で感じる7日分しか相当しないということになります。


1歳の時に感じた1年が、わずか7日という時間の感覚で、
50歳では1年が過ぎると感じてしまうのです。
時間が経つのが早くなると感じるでしょう。


さらにジャネーの法則によると、体感的には20歳で人は人生の半分を終えているようです。

つまり

20歳から80歳くらいまでの長い年月は、0歳から20歳までの体感時間と
同じということになります。

なので、「大学生・社会人になってからやたら時間が過ぎるのが早くなったな」
と思うのも納得できると思います。

ある程度法則で成立しているようですが、
「そりゃ、1年が過ぎるのは早いわな」と思う理由の根拠となりそうです。

 

 

 

 

(2)同じことを繰り返すことが多くなるから

大人になると同じことを繰り返す頻度も多くなります。
仕事に行っては帰っての繰り返しが続きます。

毎日新しいものに触れることができる人は少ないと思います。

大人になると、同じことを繰り返す頻度も多くなり、それによってさらに時間の経過が早くなるのでしょう。いわゆるマンネリ化です・・。


 

 

(3)新鮮味がなくなるから

(2)の同じことを繰り返すことと似たような感じになりますが、生活に新鮮さが無くなってきていることも挙げられます。

子どもの頃はまだ知らないことが多く、毎日のように新しい経験や発見が有ります。

しかし、大人になってしまえば知り尽くしてしまうものが多く、
そのような新しいものに出会えるチャンスは少なくなります。

人は未経験のものをやっているときは、それが強く意識に残り時間が長く感じるもので、慣れてしまえばそれによって時間の長さも気にならなくなり、早く感じるようになります。

結果的に、子どもの頃は新しいことが多いので時間が長く感じるようになり、
大人になれば新しいものに接する機会が少なくなり、時間があっという間に過ぎるということです。



 

(4)まとめ

時間はあっという間に過ぎますが、それに抗って生きていきましょう、
と締めておきます。残り3ヶ月、やり残したことを1つずつ潰していきましょう。